毒親育ちの女性は男でなぜ失敗してしまう?もう男で苦労しない5つの解決策を紹介します。

「初めてつきあった彼氏には、食事代をおごらされてプレゼントを貢いだのにそのあとすぐにフラれた。」

「2人目につきあった彼氏からはDVを受け、さらに浮気されて破局した。」

似たような経験があって、読んでいて耳が痛くなった方もいるんではないでしょうか?

 

毒うさぎ
毒うさぎ

わたしも毒親育ちの女性ゆえにずいぶんと悩みました。

人を疑ったり、依存してしまって失敗を繰り返しました。

単刀直入にいうと、毒親育ちの女性は恋愛で失敗しやすいです。

なぜかというと、それは気の狂った毒親が幼少期あなたに害を与えた結果です。

親からは愛情をもらえなかった。だからその分、本当は誰よりも愛されて幸せになりたい!それなのにうまくいかない・・・。

このように悩んでいる女性は多いと思います。

  • 毒親ってどんな特徴がある?
  • 毒親で育った女性の詳しい特徴とは?
  • なぜ毒親育ちだと男で苦労する?
  • 毒親育ちの女性が簡単に幸せになれる戦略とは?

今後、変な男につかまらないよう原因を知り、行動していくことが大切です。

うさちゃん
うさちゃん

うわぁ、暗い話題・・・

くまちゃん
くまちゃん

人にはなかなか話せないけれど、親のことで悩んでいる女性って実は多いんだよ。解決策を考えてみよう。

男で失敗する女性は育ちが影響していることが多い

恋愛で苦しむ女性の原因は父親からの愛情不足が一番の原因です。

 

  • 父親が浮気ばかりしていた
  • 家族とロクに口を利かなかった
  • 母親と喧嘩ばかりしていた
  • 父親として家族を守れていなかった

など、父親が父親として機能しておらず娘であるあなたに適切な愛情を注がなかった場合、あなたは恋愛で失敗してしまうことになります。

 

なぜかというと、生まれてから一番多くの時間を共有する唯一の男性が父親だからです。

父親=男性

というイメージを一番影響の受けやすい幼少期から抱くことになり、愛情がないどこかおかしな父親をみて

「これが男というものなんだな」と勘違いして刷り込まれてしまうからです。

 

結果的に、父親と似たような浮気性だったり愛情があまりない男性と恋愛してしまい、失敗をしてしまうということになるんです。

 

「なんで私はいつも男に騙されてばかりなの?」

「いつも遊んだあげくに捨てられてしまう」

という人は父親を男性の軸として考えてしまい、その軸にいる似たり寄ったりな性質を持つ男性を好きになったり恋人にしてしまう習慣が身についてしまっているからなんです。

 

私も毒父親のせいで随分男では苦労しました。

始めて付き合った彼氏には浮気されてしまったり、次の彼氏にも二股されていたり散々なめにあいましたよ。

 

今思えば自分の男選びが悪い原因は毒親のせいだったのか・・・と分かるのですが、当時は毒親なんて言葉も知らなかったし訳も分からずクズみたいな男と付き合っていましたね(笑

 

もし、男で悩まされている方は原因は父親にあるかもしれません。

今後男で苦労しないために対策や正しい恋愛について記載していきますので是非読んでみて下さい。

毒親ってどんな親?!毒親かどうかを見抜くポイント5種類を解説!

”毒親”って言われても漠然としていて分からないですよね。

種類も多く、ピンからキリまで毒親は存在します。

「自分の親は毒親なのかな・・・?」

というあなたに。

あなたの親は毒親か見分けるチェックポイントを用意しました。

おおよそこのような言動があると毒親認定です。

 

ちなみに母親も父親もどちらも該当するような項目です。

ひとりでも毒親がいればあなたも立派な被害者になりますので照らし合わせてみましょう。

1、暴力、虐待をする親

まず一番分かりやすい例で子供に暴力・虐待をする親です。

暴力と言っても子供が悪さをしてひっぱたくようなことではなく、親の機嫌や都合で暴力をはたらくことが問題なのです。

  • 酒に酔った勢い
  • 外で嫌なことがあって虫の居所が悪かった
  • 水をこぼすなど、わざとではない失敗をした

など、子どもではどうしようもないことで暴力をふるうのは親が気に入らなくて腹を立てて子供を力でねじふせようとしているだけです。

 

ニュースなどでもえげつない虐待事件が頻繁に取り上げられていますよね。

もはや虐待というよりかは傷害事件となります。

毒親というよりは犯罪者のやることと言って間違いありません。

 

今は児童相談所なども厳しくなっていますが、今20歳以上の人が子供のころはここまで厳しく取り締まっていたのか?ちょっと疑問に思います。

虐待の被害にあっていた場合は間違いなく毒親育ちです。

2、子どもに悪口・暴言を言ったり恥をかかせる

子供の自尊心を傷つけるような悪口を面と向かって言ってくるのは毒親です。

「ほんとにブスだね~誰に似たのかしら。」

「あんた根暗だから友達いないんじゃないの?」

子供の弱点をわざわざ口にだして、ののしってくる毒親。

 

幼少期からイヤミを言われ続けると子供は自分に自信をなくします。

また、知人や友人などがいる前で

「この子は成績も悪いし、何をやってもダメだわ。」

「この子は内向的だから人とちゃんと話せないのよねー。」

など、人前でわざと指摘するようなことを言い、こどもに恥をかかせようとするのも毒親の性質です。

自尊心が低くなり、自信の持てないおとなになります。

 

この手の親は娘がおとなになっても同じことをします。

 

例えば娘に彼氏ができたら

「あんた最近チャラチャラしててほんとにいやらしい子だね。」

と、大人になればなればでそれ相応のセリフを考えては子供にぶつけてきます。

このようなタイプの毒親は嫌味を言うことを一生続けていきます。

 

どちらかと言えば父親よりも母親に多いタイプですね。

何か人を傷つける一言を言わないと気が済まないのでしょう。

放っておくのが一番ですが、言われるたびにダメージを受けてしまいます。

3、ネグレクト(育児放棄)

近年では有名になってきたタイプの虐待です。

子供に興味がなく無関心で放置してしまうタイプです。

”大阪2児餓死事件”

は数年前話題になりましたが、まだ記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?

 

幼子2人をマンションに放置し、餓死してしまった事件です。

母親は男遊びをしていて家にロクに帰らなかったそうです。

たまにコンビニのおにぎりを与えるだけでほとんど放置するようになりました。

 

放置するようになってからは家に帰宅することもなくなり、子供たちだけで外に助けを呼ぶこともできずに家に閉じ込められたままでした。

衰弱する子供を目の当たりにし、それでも食事を与えずマンションに長期間放置し、その後2人の幼子は亡くなりました。

 

これは典型的なネグレクトのパターンです。

通常では考えられないことですが、このタイプの毒親もこの世には存在します。

 

ネグレクトは程度の差はありますが、以下のパターンに当てはまります。

  • 十分な食事を与えない
  • キレイな下着や洋服を与えない
  • 子供の行動に気を使わない
  • 叱らないが、褒めることもない
  • 子どもの行動に無関心
  • 親子間でのコミュニケーション不足

 

上記のような餓死をさせるのはあからさまなネグレクトですが、食事やお金などは十分に与えるけれど子供に無関心な親もネグレクトと言えます。

子どもは、食事や金銭面だけではなく親に構ってもらうということを経て愛情をはじめて感じるものです。

親に構ってもらえない子供は自分でも薄々愛情がないことを感じるため、虚無感がうまれてしまいます。

「自分なんかどうせ愛されないんだ」

という考えを持っておとなになってしまい、自分の殻に閉じこもってしまったり人のことを信じられなくなったりします。

 

虐待のように目には見えませんが、ネグレクトは子供の心に闇を与えるタイプの毒親といえるでしょう。

4、あからさまな両親の不仲

子供がいても離婚する夫婦はとても多いこのご時世ですが、子供の目の前であまりにもひどい夫婦喧嘩は子供に精神的に傷を負わせてしまいます

  • 母親が子どもに、父親や姑の悪口をきかせる。
  • 父親が「誰のおかげでメシが食えてるんだ」など母親を見下す発言をする。
  • お互いの悪いところ・欠点をののしり合う。
  • どちらかの一方的なDV(暴力)を子供に見せる。

これらは立派な毒親です。

 

子供心というのはとても繊細にできていて、ショックなできごとは心に深く刻み込まれます

小さな子供って何も考えていないようでとても感受性豊かなんです。

親のちょっとした言動に敏感だったり、機嫌が悪かったりすると察知したりします。

 

「どうせ子供だから別にいいだろう」

なんて考えで夫婦喧嘩などを日常的に見せつけていれば必ず将来に影響してしまいます。

それはどこで現れるか分からないです。

 

親のマネをして学校で友達をいじめるかもしれない、会社で後輩にパワハラをするかもしれない。

自分が結婚したら相手に同じように悪口をいうかもしれない。

それとも親の喧嘩のせいでビクビクする性格になるかもしれない。

 

どう転んだって夫婦喧嘩を見せつけて良い方向に転がることはないでしょうね。

夫婦喧嘩や家庭の問題はどこにでもある話ですが、子供に見せつけるのは間違っています。

立派な毒親認定と言えるでしょう。

5、自制心のない親

親自身がだらしなく自信を律することができないパターンです。

ギャンブル、浮気癖があるなど自身の欲望に走ってしまいます。

またろくに家事もしない母親、ろくに働かない父親など、生きることに対してあまりにも怠慢な生活態度の毒親もいます。

 

計画性がなく物事にルーズな傾向があり、正しい金銭感覚などを子供に教育することもできません。

金や男女関係にだらしなく、生活態度の悪い親を見て育つと子供も将来同じような人間となってしまいます。

 

こう言ってはなんですが、

医者の息子は医者になることが多い。

ヤンキーの子供はヤンキーになることが多い。

そして貧困家庭の子供は連鎖して貧困になります。

 

これってあきらかに育ちが関連しています。

もちろん親がクズでも子供が立派になる例もあるかもしれません。

ですが、多くの場合はやはり親と同等の人間が出来上がるというもの。

 

親の背中を見て同じように行動するから親のクローンのような人間ができあがるわけです。

元々同じ人間なのですから、能力にそこまでの違いはなく、完全に育ちが影響するのでしょう。

 

かならずしもすべての人間に当てはまることではありませんがほとんどはこうなります。

 

だらしのない人間はどうやってもだらしないし治りません。

だらしない毒親がいる自覚のある人は、自分がだらしないことをしなければ連鎖を止めることができます。

 

すべての毒親持ちに言えることですが、毒親と同じことをしないようにするというポイントをおさえれば人生はより良くなるのではないかと考えています。

 

うさちゃん
うさちゃん

ここまでが毒親の特徴です。あなたのご両親に心当たりはありませんでしたか?

くまちゃん
くまちゃん

確かにこんな親だと子供に悪影響なのは間違いないね。

上記のような毒親がいる人は、親と同じことをしないようにしてみよう。

 

毒親育ちの女性の特徴

上記で挙げたような特徴のある”毒親”と呼ばれるような親から育った女性は、愛情不足などが原因でかならず性格に問題が出てしまいます。

 

  • 人への依存心や執着心が強い
  • メンヘラになってしまう
  • リストカットなど自傷行為
  • 他人との距離の取り方が分からなくなる
  • 人の顔色を伺ってしまう
  • アルコール依存、過食傾向にある

 

など、毒親からの歪んだ愛情や生活態度が影響し、上記のような性格を持ち合わせるような大人になり、結果的に恋愛もうまくいかなくなってしまうのです。

 

私自身もあきらかな毒親育ちで大人になってから苦労しましたね。

子どものころは例え毒親であったとしても、親に守ってもらわないといけないから辛いながもぐっと我慢するしかありません。

 

ですが、大人になってからも幼少期のことを引きずって苦労をしてしまうことになるなんてツラすぎます。

これじゃあ一生、毒親に支配されつづけることになってしまいます。

個人的には「ふざけんな!」と言いたいですね。

 

勝手に毒親のところに生まれて、異常な精神状態のまま歯を食いしばって大人になっても生きなくちゃいけないなんてあんまりです。

 

ですが、人生は偶然であり必然でもあります。

毒親のもとに生まれたのは配られたカードが悪かった。

ババ抜きで最初からババが入っていたようなものです。

 

ですが、最後にはババを自分のところから排除して勝つことだってできる。

毒親が原因で恋愛で連敗続きの方でも勝てるように対処法を解説していきます。

毒親育ちの女性が男で苦労しないよう取るべき対処法4つ

毒親育ちの女性が永久的に男で苦労しなくてはいけないのか?

というとそんなこともありません。ちゃんと幸せになって生きている女性だっていますよね。

ちゃんと自分を見つめて立ち直ることのできる人は最終的には笑うことができます。

どのようにすればいいのかをこちらで解説していきます。

毒親育ちであることを自覚し反面教師となる

まず、自分は毒親育ちなんだとしっかり自覚することが大切。

こうしてネットで検索しているということは、薄々勘付いている方が大半かと思います。

「うちの親はどこかおかしいな」と気が付かないうちは、毒親という言葉も知ることはないですし調べるということもしないでしょう。

 

ですの気が付くということができているのは解決の入り口にいるということ。

自身の親は毒親で

  • こういうところがおかしかった
  • 自分はこんな被害にあったけれど普通の人は子供にしないだろうな

などを頭で言語化し、反面教師になられることをオススメします。

 

例えば人の悪口を言ったり、すぐに不機嫌になってしまうような人は親に影響されていることが多い。

悪口を言ったり、不機嫌になるということは人を大切にできていないということになります。

人を大切にできない人には、同じようにあなたを大切にできない男が寄り付いてきます。

そのため恋愛では苦労してしまうこととなります。

 

自分の親のおかしな点を洗い出し、あなたは別の人間となっていくようにしてみましょう。

親と同じことをしないようにも自分の感情をうまくコントロールしていくことが大切です。

自立して毒親から離れて暮らす

これは毒親育ち以外の全員がするべきですが、毒親育ちの人はなおのこと自活をしたほうがいいです。

だってよく考えてみてください、毒親と一緒に暮らしていて何がおもしろいのでしょうか。

人生にとってプラスになることがあるのでしょうか。

いくら親だからと言っても歪んだ愛情を持つ毒親といてもこの先良いことなんて起こりえません。

 

毒親の実家暮らしは悲惨としか言いようがありません。

その反面に自立をするということはすべての決定権を自分で持つことができるようになります。

  • 毒親からお金の無心をされる
  • 無理やり老後の面倒を見るように要求してくる
  • 恋人や自分の交友関係に口をはさんでくる

 

など、通常の親がしないようなことを平然としてきますよね。

毒親の元から離れないと半永久的に上記のような理不尽な言動を突き付けられることになってしまいます。

 

自分でお金をつくってひとり暮らしをして毒親とは音信不通にしていればとても軽やかに生きることができるというものです。

 

子どもは成長とともに毒親の支配力から抜け出さなければなりません。

いつまでも毒親に依存する子どもは、毒親のいいなりの人生しか待っていないのです。

毒親の洗脳から逃れる

毒親育ちの子供は”洗脳”されてしまっている人がとても多い傾向にあります。

 

やはり親の背中を見て子は育つというぐらいなので、毒親と同じ考え方になってしまった、同じような行動をとってしまいがちになるのです。

「うちの親なんかおかしいぞ?!」

と気が付いたあなたのような鋭さがあるのなら、早めに引っ越しをして別離をしたほうがいいです。

 

このまま一緒に過ごしていてもあなたにとって害悪でしかありません。

何かにつけて、批判をしたりケチをつけてきたり、とにかくアレコレと人生の邪魔をしてくるのが毒親なんです。

 

毒親から離れなくては、

「変わろう!頑張ろう!」

と、いくら決意したところで、あっというまに言葉の力で洗脳されて苦しむことになります。

 

そして、毒親になる人は自己愛性パーソナリティ障害という障害を持っています。

この障害は例えていうならば、

”子どもより、自分が一番大事で自分が一番カワイイ”

と思っているということ。

あなたの毒親はどうですか?あなたのことと、自分のことどっちを優先させる傾向にありますか?

 

このようなタイプは一生治ることはありません。

一緒にいる時間が長ければ長いほど、あなたのエネルギーを搾取されます

そのため、一緒にいても何の得にもなりません。

 

毒親から離れずに、毒親問題を解決させるということは不可能に近いです。

人は人を変えることはできません。

変えられるのは常に自分だけなのです。

 

「引っ越しても親に住所がバレてしまうのでは?」

とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが

”住民票閲覧制限”という制度をご存知でしょうか。

ドメスティック・バイオレンス、ストーカー、子ども虐待など、加害者から住民票や戸籍を閲覧され、住所が特定される危険がある方は、これらの閲覧を制限することができます。

引越し先を知られたくない方は手続きの際、役所で相談してみてください。

周囲から反対される恋愛はやめておく

毒親育ちの当事者になると、自分のことが自分で分からなくなる時があります。

今の彼氏、たまに連絡が取れなくなるし、大事にされている感がしないな・・・

自分のことって案外客観的に分からない。

では、どうするべきか?

 

それははっきりと意見を言ってくれる友人に相談してみるということ。

案外はっきりと

「その男ちょっとおかしいよ!」

「やめておいた方がいいよ!」

と客観的な意見をくれたりするものです。

 

自分では分からなくなってしまっていることでも、他人からはちゃんと見えているもの。

人からおかしいと思われるような恋愛はやめたほうがいいです。

 

毒親育ちの女性は知らず知らずのうちに、DV男や不倫などの泥沼にはまってしまうことが多いです。

なので、恋愛に関しては客観的な意見を聞きながら進めていくと自分では気が付かなかったようなことを知ることができ対処することができますよ。

毒親育ちの女性が派遣社員のまま独身アラフォーになると悲惨な現実が待っている

ここまで毒親育ちの女性について、説明させていただきました。

親にも恵まれなかったし、男にいつもいいように使われて、恵まれたことがない・・・もう一生ひとりでも別にいいかも

と、漠然と毒親や自分の恋愛遍歴を思い返してはため息が出てきますよね。

でもそれってあなただけじゃないんです。

多くの女性は毒親育ちと分かっていながらも、自立できずに毒親から離れられない現実があります。

 

それは、毒親育ちの女性が甘えている・だらしがないなど、そのような理由ではないんです。

やはり、この原因すらも毒親が原因しているんです!

 

多くの毒親育ちの女性が自立できない原因として、親と同じように低学歴だったり低収入であることが一因となっています

貧乏な実家に産まれると学費なども出してもらえず、高卒の女性が多い。

 

愛情のない家庭で育てられると、何をしていてもやる気がでなかったりそもそも勉強をするとか努力するとかそのようなことを親から一切教わることがなくおとなになってしまう。

そして、気が付くんです。

「あぁ・・・学生時代にしっかり勉強していれば今ごろそこそこの給料の会社に入って毒親から逃れて一人暮らしできていたかもしれないのに・・・。だけど子供時代は家庭環境が悪くてどうしようもできなかった・・・もうこれから人生どうすればいいのか自分にはわからない・・・。」

 

なんとなくどうすればいいのか分からずに、そのままアルバイトや派遣社員などの非正規雇用を実家に住みながら継続している人も中には多いのではないでしょうか。

ですが、このまま実家に暮らしていて毒親と一緒にいてもロクなことがありません。

 

何故なら、同居をし続けるということは介護要員にさせられてしまうからです。

今は老人ホームはどこも満員状態。

おまけに費用も高く、自宅で介護をしている人も少なくないのはご存知ですよね。

 

大切に育ててくれた親ならいざ知らず、どうして毒親の寝食の面倒をみて排せつ物の世話までしなくてはいけないのでしょうか。

毒親と一緒にいると精神的に害にはなるわ、面倒は見させられるわで本当にロクでもないことになってしまいます。

 

そして、何より今30代でもうアラフォーになるまでのカウントダウンが始まっている方は大変なことになってしまいます。

 

このグラフを見てください。

これは女性の妊娠ができる年齢の推移です。

このように30代を超えるとガクンと妊娠する確率が急激に減ってしまうのです。

 

男性は女性に妊娠を強く望んでいます。例外はありません。

なので若い女性が求められがちになっているんです。

 

ですが、上記のように30代に差し掛かってしまうと、いよいよ結婚もできなくなってくるのです。

 

毒親育ちの非正規雇用の女性は結婚すればどうにか持ち直すことができます

 

  • 幼い頃、クリスマスプレゼントも買ってもらえなかった・・・
  • 誕生日にケーキなんて食べたことがない
  • いつもボロボロの服を着せられていた
  • 金もなければ、愛情もなかったな

 

など悲しい思い出ばかりの毒親育ちの方でも、唯一結婚だけは人生を取り戻す最大のチャンスです。

 

そこそこの収入があって結婚願望のある男性なんて見つけることは難しいのではないか。

自分なんか相手にされないんじゃないのか。

など、毒親育ちの方で思い悩んでしまう方もいますよね。

 

ですが、簡単に結婚候補の男性は見つけることができます。

 

今はスマホでなんでもできてしまう時代です。

婚活のサイトから結婚願望があって年収がそこそこで安定している男性を探すことは可能なのです。

行動するのに億劫になってしまいがちですが。

 

  • このまま非正規貧乏な生活を続けながら毒親の介護をするのか
  • 安定した収入の男性を見つけて結婚して人生を変えるのか

 

は、あなた次第となってくるんです。

そして迷っている時間はほんとうもったいないです。

 

男性は1歳でも若い女性を選びたがります。

本能的に子供を産める年齢の女性を渇望しており、高齢になればなるほどどんなにキレイな人でも結婚が遠のいてしまいます。

素早く行動に移せば、変えていけますよ。

 

オススメなのは

・ゼクシィ縁結び 

こちらの婚活サイトです。

ゼクシィというだけあって、結婚願望のある人が登録する傾向にあります。

また価値観診断で価値観の合う人を最初に紹介してくれたり、コンシェルジュサービスもありサポートが充実しているのが特徴です。

月々2400円という破格のオンライン型結婚相談所です。

1日100円未満で結婚相手が見つかります。

そして、万が一期間内にお相手が見つからない場合は無料延長制度があるので安心。

登録料は無料で、価値観診断やどんな男性がいるのかだけ確認することも可能なので見てみる価値がありますよ。

ゼクシィ縁結び体験談|毒親育ちで男運のなかった女性の逆転勝利の婚活
こんにちは!今回はゼクシィ縁結びの体験談インタビューです。インタビューに答えてくれるのは、細見で色白のKさんです。【Kさんのプロフィール】27歳独身B型短大卒接客業(契約社員)年収180万円毒親育ちで暗い過去、男運もなかった女・・・...

 

そして、完全に無料で使いたい方はこちらがオススメ。

・マリッシュ(marrish)

こちらも結婚願望のある人向けの婚活サイトです。

バツイチなどワケアリの方なども登録しやすくなっており、毒親などワケアリの方も受け入れてもらいやすいです。

男性は有料ですが、女性無料で利用可能です。

こちらも有名なサイトで登録者が数十万人規模でいますので、可能性が広がります。

<おわりに>

毒親育ちの女性は、毒親からうけた仕打ちがおとなになって性格に出てしまい、結果的に男性や恋愛でしなくていい苦労をしがちになります。

 

やはり、大切なのは毒親から早めに離れて自分の人生を生きるということ。

このまま一緒に居続けると毒親と同じような人格になってしまったり、毒親の面倒を見なくてはいけなくなってしまいます。

 

毒親育ちでも、結婚をして幸せになっている方はほんとうにたくさんいます。

やはり結婚願望のある適切な男性を見つけることさえできれば、人生を変えることはできるんです。

 

つらいことがあって諦めてしまいがちになりますが、10年先、20年先に後悔をするよりは今何か行動しておいて悪いことはおきません。

 

婚活サイトは今は安全で大手の企業が運営していますので、安心して相手を探せますよ。

登録料も無料なので、だいたいの男性の年収などを確認してみることもできます。

是非毒親とは無縁の人生にかえていってくださいね。

 

いずれも無料で始められますので、気になる方はみてみてください。

・ゼクシィ縁結び 

・マリッシュ(marrish)

 

コメント