遺伝子(本能)レベルで男性を好きになっちゃった?本能で好きの特徴や脈あり、落とし方まで徹底解説!

あなたは「遺伝子レベル」で男性を好きになったことはありませんか?

 

なんとなく「素敵だなぁ」「いいかも」と思って好きになるというよりは、

もう今すぐひとつになりたい!合体したい!とにかく離れたくない!

と思うぐらいに大・大・大好きになってしまった相手。

 

それは、相手をひとりの男性として好きなのではなく、相手を本能的に(相手に流れる血液や体内からあふれる何か)つまりは、もはや遺伝子を愛してしまっているんです!!(断言)

 

これぐらいに人を好きになってしまうと、もうとんでもなく厄介です。

四六時中彼のことを考えて、一緒になりたくて仕方のない苦しい毎日になってしまうかもしれません。

 

このような苦しさから抜け出すには遺伝子レベルで好きとはどういうことなのかを明確にわかっておく必要があります。

 

ということで相手の遺伝子を含めて男性を好きになってしまったときの対処法を解説いたします。


おうち時間のお供に!女子の「可愛い気持ちいい!」ラブグッズ♡
30種類!新作アイテムぞくぞく入荷中!
14時まで当日出荷!お気に入りのラブグッズを見つけてみる≫ 

遺伝子レベルで好きってどういうこと?

まず、遺伝子レベルで好きな人とはその人の

外見・性格など誰が見ても分かるものではなく、もっと内側にある細胞レベルの”何か”を好きになってしまった!

ときのことを指します。

 

どうしようもなく惹かれてしまう、彼の発する言葉やちょっとした気遣いや雰囲気など目には見えない魅力を感じとり、どうしても離れがたい存在になってしまったときでしょうか。

 

人が人を好きになると言っても、いろいろとレベルがあります

  • 見ているだけで幸せな憧れレベル
  • たまに遊んだりするだけでいいと思うお友達レベル
  • 結構好きだし、彼氏にしてもいいかなレベル
  • いろいろ尽くしてくれるし結婚できるならしたいレベル
  • 今すぐ結婚したい!何がなんでも彼の子供が欲しい!もう一生離れたくないレベル

 

この最後に該当すれば遺伝子レベルで好きなのではないかと筆者は考えています。

付き合ってたまにデートして遊んで・・・と一緒に楽しんで恋人になるというよりは、もう相手に狂ってしまって離れたくない、子供を作りたい!と思ってしまうレベルの相手を遺伝子レベルで好きだと人はどうやら感じるようです。

 

あなたは今好きな男性に対してどのぐらいのレベルで好きですか?

 

この記事では遺伝子レベルで好きになってしまった男性の対処法などをアレコレ解説しています。

是非最後までご覧になってみてください。

遺伝子レベルで好きになってしまったときに起こる現象

私の感覚では、遺伝子レベルで好きになったときには頭よりも感情で”感じる”現象が多発してしまいます。

もう頭よりも先にあなたの本能が反応してしまうことが度々起こります。

ひとめ惚れ(初めて見た瞬間に何かを感じる)

様々な書籍やWEBサイトで言われていることですが、

ひとめ惚れで結婚した相手とは離婚率が低くなる傾向にある

という一説があります。

 

ひとめ惚れとは、相手の内面を知る間もないまま、一瞬のできごとでその瞬間に本能的に何かを感じ取って好きになってしまうということ。

つまり遺伝子レベルで感じ取って好きになっている可能性が高いということです。

 

好きなタイプだったり、体系が好みだったりはもちろんですが、特段好きな顔立ちやイケメンじゃなかったりしても、雰囲気にものすごく惹かれてしまうようなひとめぼれもありますよね。

 

そのような相手は生涯にわたり、本能レベルでずっと大好きになる可能性が高いので出会ったらそのチャンスを生かせるようにしてみましょうね。

初対面から相手に触れたい、もっと一緒にいたいと感じる

遺伝子レベルで好きな相手って、仲良くなりたいのはもちろんですが、触れたい・もっと近づきたい・ずっと一緒にいたいという本能的欲求が強くなる傾向があります。

 

そのため、初対面のデートの時から、相手に触りたくなったりもっと長い時間をかけて一緒にいたいという感覚を覚えることが多いです。

 

正直、ある程度大人になれば初対面の相手と何時間も一緒にいるのって苦痛になることがあるのです。

相手に会話を合わせたり気を使ったりしなければいけないので年を取ればとるほどしんどくなっていきます。

 

だけど、遺伝子レベルで好きな相手は何故だかずっと一緒にいたいという不思議な感覚になることがあります。

本能で惹かれているためでしょうか、時間を忘れてとにかく一緒にいたいし、もっと触れ合いたいという気持ちが出会って間もない時に強くなります。

 

よく知らない相手なのに「もっと一緒にいたい」と強く思う場合は、遺伝子レベルで惹かれているかもしれませんね?

女性側からベッドへ誘いたくなってしまう

恋愛において女性はどうしても受け身になりがちです。

デートも、キスも、その先も、、大抵の場合は男性からお誘いをしてどんどん関係を深めていきますよね。

ところが遺伝子レベルで男性を好きになった場合は女性側から性行為をしたいと本能的に思うようになります。

 

遺伝子レベルで好きなので受け身ではなくて、”はやくひとつになりたい”と本能的に感じてしまうのでしょう。

実際に女性から誘うことは少ないでしょうが、男性にまだ誘われてない時点で、頭の中で「したい」と思ってしまった場合、遺伝子レベルで相手を好きになっている可能性があります。

 

良い感じになっているのなら、時にはあなたからお誘いしてみるのもアリですよ。

男性はさぞかし喜ぶことでしょう。

逆に男性がベッドに誘いたくなるとっておきのアイテムとは…? 

相手の子供を5人以上産みたいと思ってしまう

遺伝子レベルで好きな男性とは、子孫を残したいと本能的に思ってしまいます。

だって、遺伝子が好きということは、

自分と相性がいい遺伝子だから好き⇒相性がいい遺伝子との子供は健康になる証拠⇒よって子孫を残したい

最終的にこう思うようになっています。

 

人の本能はとても強く、遺伝子レベルで好きな人の遺伝をたくさん残したいと感じて、できれば5人ぐらい子供が作れたら・・・なんて妄想をしてしまうことも。

 

現実に5人は難しいけれど、相手の男性の子供をたくさん産みたい!と強く感じる場合は遺伝子レベルで相手を好きである可能性が高いです。


「マカロンみたいなコンドーム?」避妊は可愛くしっかりと!

遺伝子レベルで相性が良いときの特徴って?

遺伝子レベルで好きな人ができても、重要なのは相性!

もしも、遺伝子レベルで相性が良いのなら、二人に子供ができればそれはとても健康かつ優秀な赤ちゃんになることも!

こちらでは相性を見抜く方法を解説します。

男性の匂いがとても好き

香水や柔軟剤ではなく、男性そのものの体臭や匂いを好きと思う場合は遺伝子レベルで相性がいい証拠になります。

 

まず、私たちヒトには「HLA遺伝子」という子孫繁栄に関わる遺伝子が備わっています。

 

私たちは子供をつくるために、より強い子孫を残そうと本能的に思いますが、そのためには自分と遠い遺伝子を持つ男性を見つける必要があります。

 

その強い遺伝子を持つ男性の匂いを嗅ぐと「いい匂い」と感じて、子孫繁栄をさせようと本能が思わせる、それがHLA遺伝子の働きなんです。

 

男性の汗の匂いや、来ていたTシャツの匂い、など体臭そのものを「いい匂い」と感じる相手は遺伝子レベルで相性がいい証拠となるでしょう。

 

遺伝子についてはとても複雑で様々な研究がなされています。

現段階で分かっているのは異性の匂いで嗅ぎ分けるということ。

こちらのサイトに遺伝子のことが書かれていますので参考にどうぞ。(だいぶ内容難しいです)

HLAとは⇒http://hla.or.jp/about/hla/

ディープキスがとっても気持ちいい!

遺伝子(本能)レベルで好きな人とは、ディープキスがとにかく気持ちよく感じ、もっとしていたいと思う特徴があります。

実は恋愛においてキスをすることはとても重要な位置づけとなっています。

 

私たち人間はキスをすることにより、相手の体臭・フェロモン・味覚など大量の情報交換をしています。

このキスをすることによってパートナーとして相応しいかをチェックしています。

また、ニューヨーク州立大学の研究によると、キスがうまくいかないカップルの6割は破局を迎えると言われています。

 

つまり、本能レベルで好きな男性とのキスはパートナーとして相性がいいという証明をする行為となり、この上なく気持ちいいものとなるため、人間としての欲求を満たすとても貴重な瞬間となるということになります。

 

好きな男性とのディープキスの瞬間が気持ちよくて大好きならそれは遺伝子レベルで相手を好きということになるでしょう。

 

こちらの動画1:28~あたりからこのことについて解説されているのでよろしければチェックしてみてくださいね!

【衝撃】なぜ人はキスをするのか?

1:28までスクロールすると見られます!


オーラルセックスが全く苦にならない

遺伝子レベルで好きな男性とは、オーラルセックス(つまりはフェラチオ)など愛撫が楽しい、したいと積極的に思うようになります。

 

例え恋人であっても相手の性器を舐めるなんてちょっと汚いしあまりしたくない…。という人は決して少なくはありません。

ですが、本能的に好きな男性に対してはカラダの隅々まで大好きになるため、フェラチオや舐めたりする行為が汚いではなく愛おしい時間となるのです。

 

男性から頼まれてもいないのに、積極的にあなたから「フェラチオしたい…。」と感じている場合、本能的に相手を好きである可能性が高いです。

 

させられた、お願いされたのではなく、あなたの「したい」は遺伝子レベルで相手を好き、どんなところも愛せると言った証拠となるでしょう。

「オーラルが美味しくなる…。」デリケートな場所に塗る香水って?!

セックスの相性がいい

遺伝子レベルで好きな男性とのセックスはとても気持ちいい、相性がいいと感じます!

 

実は、恋愛や夫婦関係においてセックスの相性はとてつもなく大切で、これが悪いと離婚などに至ってしまうこともあります。

デールカーネギー著書「人を動かす」に記載されていますが、家庭生活においての権威者ポール・ポピノー博士が結婚の失敗の原因の1番目に性生活の不調和であると述べています。

 

つまり、セックスの相性が悪い相手とは、結婚をしてもうまくいかないという結果になってしまう可能性があるということ。

 

遺伝子レベルで好きになった人は、子孫を残したいとまで思うぐらい好きな人ですからセックスの相性は当然よく、いつも気持ちよく幸せな気持ちになるセックスができる相手ということになります。

 

毎回痛かったり、男性に思いやりがなかったり、早漏だったり…。

回数が合わない、相手の体臭が気に入らないなどなど、なんらかの理由によりセックスをしても気持ちよくない場合は逆に遺伝子レベルで相性がよくないと言えます。

結婚してからもこちらは重要となりますので、セックスをしてみて相性を図るのはとても大切なことと言えるでしょう。

ポジティブな気持ちになれる

最後に、遺伝子レベルで相性がいい人は一緒にいて、幸せでポジティブな気持ちになれる人でしょう。

苦しい、ツライ、イライラする、退屈、気持ちが落ち込む、、、などこのような精神状態になる相手は遺伝子レベルで相性がよくありません。

 

相性がいい人を見分けると言うのは、人間として幸福になるためのパートナーとして見分けるのが主な目的でしょう。

一緒にいていつも笑顔でいられる、苦しいことがあっても頑張ろうと思える、などなどあなたが幸せになれる相手なら、それは遺伝子レベルでも性格面でも相性がいい相手!

 

そんな男性が身近にいれば是非仲良くなってみましょうね!

これって脈あり?相手からも遺伝子レベルで好きと思われている可能性とは

男性が遺伝子レベル(本能レベル)で女子を好きなときってどんな行動に出やすい?

こちらでは男性の脈ありを解説。

ただ、男性はそもそもが本能的な行動しかとらないので、男性の好き=遺伝子レベル

と考えてしまっていいと思います。

こちらではもっとも分かりやすい脈ありパターンを解説。

 

あなたの好きな男性は以下のような行動をしていますか?

弱気になる、欠点を暴露してくる

男性は、いつも友達同士でおちゃらけてるし、あまり細かいことを気にしないし、あっけらかんとして人生を生きているように見えますが、実は遺伝子レベルで(つまり本気で)好きになった女性の前では非常に気弱な人間に成り下がってしまいます。

うさちゃん
うさちゃん

男ってカワイイとこあるよね。

自信たっぷりに見える彼が、

  • 実は俺って身長が低いんだよね
  • 別にそんなにモテるわけじゃない
  • 勤め先は大きな会社じゃないし給料だってそこまでないよ

というように自ら欠点を暴露している場合は、女性に対して

「こんな自分でも受け入れてくれる??」という確認をとっていることが多いです。

 

こんな自分でも確実に受け入れてほしい!そしたら嬉しいし、女性のことを全力で愛するよ!

というメッセージが込められています。

プライドの高い男性がここまでするのは遺伝子レベルで大好きな女性を愛する準備を始めている証拠。

 

彼の弱気な発言が見えたら素早くキャッチ!してみてくださいね。

LINEの返信スピードがあなたよりも早い

男は単純ですので、本能的に好きな女性にはLINEの返信速度が速まる傾向が高いです。

一刻も早く連絡をして、つながっていたいし、次のデートに生かしたいと思っています。

 

あなたが12時間後に返事をすれば、相手は3時間後には返事を送ってくる。

あなたが3日後に返事をすれば、相手は1日後に返事を送ってくる。

 

などなど、居ても立っても居られないのか、あなたに対してのスピードが速くなります。

 

あなたも彼のことを好きなら、この時はビッグチャンス!

どんどんデートにつなげて付き合うようにしていってみるといいでしょう。

ボディタッチやキスをしてくる

男性とは単純なもので、やっぱり女性に対して本能的な態度に出ます。

やはり”触れる”ということを積極的にしてこようとします。

 

相手から手をつないできたり、キスをしたりと、物理的にあなたに触れていたいという感情からそのような行動に出やすいです。

 

もし男性からボディタッチがなくて、脈ありを確認したい場合は、あなたから彼の肩にポンと触れてみる、手にわざと触れてみる、密着して歩いてみる、顔を近づけてみる…

などなんらかのサインを送ってみましょう。

そうすればもし脈ありの男性なら同じようにあなたに触れるようにやり返してきますので、そこで脈ありかどうかが分かりますよ!

 

ただ、もちろんヤリモクの男性もいるのでここは注意してほしいところです。

ヤリモクはあなたがボディタッチをしなくても、相手から積極的にさわってきたりすることが多いので、見極めをしっかりとしてみることが大事でしょう。

様子を見ながらセックスに誘い出そうとしてくる

男性は本能的に好きな女性とセックスをすることを切望しています。

これはとてつもなく強い欲求で抑えることはとてもとても、それはそれは大変なこと。

 

もう男性は本能的に好きな女性がいれば、

「何が何でもセックスがしたいぞーおぉーーー」

と心の奥底で思っています。

 

そのため、あなたの様子を伺いながら、あなたに告白をして付き合うようにしたり、ホテルや家に誘って来たり、旅行に行く計画を必死にたててきたりと、あれやこれやと作戦を練ります。

なんらかの形であなたとセックスをしようとしてくるなら本能的にあなたを好き!という証。

 

あなたも相手が好きなら、ある程度仲良くなった段階で乗ってあげると2人の中は縮まるでしょう。

遺伝子レベルで男性を惚れさせる方法とは?!

我々女性が遺伝子レベルで男性を好きになったときに、思うことは男性に対して性的欲求つまり、フェロモンを感じていることがよく分かります。

キスしたい、抱きしめられたい、もっと先へ進みたい…と、あきらかに性的な魅力を感じているのです。

 

では、反対に遺伝子レベルで男性を惚れさせるには、同じように性的欲求、つまりはフェロモンを感じさせることが最善であり最短の近道となります!!

 

よくよく考えてみてください、男性は可愛い人や美人な人、スレンダーや若い女性、おっぱいが大きな女性には目がないですよね???

単純明快!性的なフェロモンアプローチをすれば一発で男性を仕留めることができてしまうのです。

 

論より証拠、実はこのフェロモンで男性を惚れさせるという実験は実際に海外で実証されています。

 

ヒトフェロモンの中の一種で”オスモフェリン”という成分があるのをご存じですか?

オスモフェリンとは
女性の排卵期に作り出される物質。正式名称はコピュリン。男性がオスモフェリンを嗅ぐと唾液中テストステロン値が上昇することという結果がでているそうです。ウィーンの大学では、オスモフェロンと異性への性欲に関する実験をしています。オスモフェリンを付けた女性と付けてない女性に対し、オスモフェリンを付けた女性に男性がよく寄ってくる、という結果も出ているようです。

 

さらに、海外の研究では、オスモフェリンが男性の性的興奮を促す結果も出ています。

オスモフェリンに男性が惹かれる理由

研究者カール・グラマー博士の実験によれば、オスモフェリンをかけた状態の写真を男性に見せることで、男性のテストステロン値が150%以上も増加したことが判明したそうです。

参考文献:news.bbc.co.uk

カール・グラマーの実験内容

66人の男性に対して2つの女性の写真を見てもらいました。

  • 特に何もしていない写真
  • 無臭のオスモフェリンをかけた写真

男性はオスモフェリンをかけた写真に写る女性の顔を高く評価するように。またその結果から、男性のテストステロン値が150%以上増えていることが判明。

 

なんだかんだ言って、遺伝子レベル(本能レベル)で人を好きになるというのは、生き物として生まれた本望というものです。

 

人は誰しもが生きるために生きている。

それは言い換えれば自分の遺伝子を後世にずっと残していきたいという本能的な欲求でしょう。

 

だからフェロモンを男性に感じさせるという行為をすれば効果が抜群というわけ。

 

ここで筆者がみつけた楽しい商品が、実際にオスモフェリン成分を混入させた女性用の香水です。

 

どうやらベリーやフローラル系の香水にオスモフェリンを入れ混ぜており、普通の香水として使えるのですが、実はオスモフェリンが入っているのでちゃっかり男性にアプローチできるよ!

という商品。

ベッド専用香水ともいわれていて、セックスレスの旦那さんなどに性欲を促す作用もあるのだとか。

好きな人の前で使ってもいいし、セフレや彼氏などのパートナーに使ってもいいし、女度が上がるようなちょっとしたお楽しみ香水というわけ。

 

「どんな胡散臭い商品やー」と思ったら、雑誌のananでも紹介や掲載がされていたようで特に普通の商品でした。

実際に42万個の販売実績もあるようで普通に売れているみたい!?

びっくりですが、そんなにみんなフェロモンが欲しいってことなんですね。

それぐらいにオスモフェリンというのは有効ということなんでしょうかねー。

 

そしてさらに、実際にフェロモン香水を使った人がいないのかネット掲示板で検索してみたら利用した人のコメントを見つけました…!

 

どこかで店員に勧められた時、効果ありましたか?って聞いたら

「(彼が)手を繋いでくれました」って。

ちょっとほっこりw

セックスまでいかなくても、ゆっくりと手をつないだり歩み寄る恋愛も素敵ですよね。

ドキドキとしたときめきのある瞬間を好きな人とつくっていけそうです。

 

ともあれ、遺伝子レベルで大好きな男性の前でこんな楽しい香水ちょっと使ってみたらおもしろいんでは?なんて思いました。

フェロモンをふわっと感じて何かあれば女性としては嬉しいですよね。

香水の詳細はこちらから↓

▼オスモフェリン入り「リビドーロゼ香水」はこちらから詳細checkできます!

遺伝子レベルで好きな人は運命の人(おわりに)

遺伝子レベルで好きな人とは要するに”大好きな人”ということで間違いありません。

本能的に人を好きになったら最後、離れたくても離れられないかけがえのない存在となるでしょう。

 

そのような人と出会った場合は、とにかく大好きである思いを正直に伝えて、一直線に恋愛を楽しむことが大切です。

そうすればもしかしたら結婚できるかもしれない、たとえ結婚ができなくとも生涯忘れられない素晴らしい経験をすることができるでしょう。

 

あなたには今遺伝子レベルで好きな人はいますか?

 

もしいたらチャンス!そんな相手は生涯で早々に出会うことはできません。

今を大切に、自分の気持ちに正直になって相手との恋愛を全力で楽しんでみましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました