好きな男性とうまく話せない!意識しすぎてうまくいかない人の2つの対処法!!

好きな人と久しぶりに話せるチャンスがきたけどこれといった話題がない

困った女性
困った女性

気になる人にせっかく話しかけられたのに気の利いた言葉が出てこない

でも好きな人や気になる人が目の前にいると、

「なんでもいいから話さないと暗い女だと思われて、嫌われたらどうしよう?!」

という謎の焦りから頭の中がパニックになった経験はありませんか?

何も話せないならまだしも、焦って

 

とにかく何か話さなくちゃ!!

と思いついたことを適当にバズーカのごとくマシンガントークをしてしまい

「あぁ!!しまったぁ。意味不明なこと言っちゃったぁーー」

と、後から失言してしまったことに気が付き、顔は真っ青。

だけど、時すでにお寿司(おそし)。

おとなしい性格の子なら失言などの失敗はないですが、

あわてんぼうで緊張すると余計なことばかり喋ってしまって失敗をしてしまう方

に向けて

  • 好きな男性の前ではどんな話をすればいい?
  • どうすれば失敗をしなくて済むのか?

という解決策について考査してみます。

なぜ、好きな人と話すときに緊張してしまうのか?

好きな人と話すときに緊張をしてしまう原因は、結果を急いでしまいがちになってしまうからです。

 

好きな人が目の前に現れた時、いっきに仲良くなろうとするということをついついやってしまうのです。

 

「この今の瞬間で自分を好きになってもらって付き合えるようにつなげたい!」

「今がチャンスなんだ!」

と考えがちですが、いっきに仲良くなるというのは基本的に難しいです。

 

出会ったその日に意気投合!次の日からラブラブのカップルになれる!

なんてことは基本的にありません。

 

例えば、恋愛映画やドラマ、小説など何でもいいのですが、恋愛のストーリー物をみなさん一度は見たことがあると思います。

 

そこには主人公2人のドラマのようなものがかならずあると思いませんか。

出会った時は、ただの知り合いのようなかたちで、それから徐々に近づいていくのかと思えば、邪魔が入って仲がこじれてしまう・・・

そして、もうダメかと思った最後の最後で2人は結ばれる。

このような過程(プロセス)が必ずあって徐々にくっついていくのが基本的なことです。

 

あなたの一番仲の良いお友達を思い浮かべてください。

その人とも出会ってすぐに仲良しになりましたか?

おそらく色々なことを一緒に経験したり話したりして仲良くなったのではないでしょうか。

 

瞬間、瞬間で生きている人なんていません、何事も積み重ねが大切になってきますので、焦ってもしゃーないのです。

 

好きな人が出来たら、少しずつ少しずつ仲がよくなって、最後には親友や恋人になれるというもの。

反対に急激に引っ付いた2人の関係は案外もろかったりします。

 

あなたのまわりにもいませんか?いきなり付き合いだしてラブラブだったのにそっこーで別れるカップルが。笑

徐々に仲良くなる過程がないと、お互いの悪いところなどが見えないのです。

そして付き合いだしてしばらくしてから悪いところが見えてしまいイヤになって別れてしまうようになるのですよ。

 

この徐々に仲良くなるということは、実はお互いの悪いところも認め合う期間でもあるので、仲良くなったあともお互いをよく知るから簡単に関係が壊れないのです。

 

なので、好きな人と仲良くなりたい、意識してしまうという人は

すぐに仲良くなろうとしない、今日ちょっとだけ話せて1mmだけ仲良くなれればいいやと長い目で物事を見てみてはいかがでしょうか?

 

好きな人と話すときに緊張してしまう原因は、

この今の瞬間で嫌われるか好かれるかが掛かっている!どうにかしなくちゃ

という焦りからきているんですよね。

 

「ほんのちょっとだけ仲良くなれればいいや~」

ぐらいにかんがえておけばそこまで緊張もしなくなりますしリラックスして話せます。

 

ですが、実は人が話すときというのは最低限のルールというものが存在します。

このルールをしっかり守らないと関係を築けなかったり嫌われる原因になってしまいますので注意してみましょう。

好きな人と話すときにおさえておきたいポイント7つ

「好きな人と何を話せばいいのか分からない・・・」

と思う時にまずは最低限の常識という名のポイントを押さえておいてください!

 

  • コミュ力に自信がない
  • 好きな人を前にするとうまく話せない

という方は以下を頭にたたき入れてみましょう。

 

逆に言えば、これらのことを守ることができれば失敗をすることは回避可能です。

要注意!好きな人にあまり話してはいけない地雷

まずは、触れてはいけない地雷ポイントを解説していきます。

この手の話題はあなたから触れてはいけませんので気を付けてくださいね。

家族関係

まずは家族関係です。

「何人兄弟ですか?」

「何人で住んでいるんですか?」

など家族関係について触れてしまうのはタブーです。

 

家族関係は少々複雑だったりした場合人に言いたくない人も結構いるんですよね。

なので自分から好きな人に聞いたりするのはやめておきましょう。

職業

相手の職業についてもあまり突っ込んだ話はしないでおきましょう。

例えば好きな人がいつも通う洋服屋のショップ店員だった場合。

「正社員なんですか?」

「給料いいんですか?」

というふうに雇用形態や待遇についてあなたからは触れてはいけません。

 

ただし、職場恋愛の場合はまた別です。

もうお互いの仕事は知っていますので特に問題はありません。

 

また、相手が仕事や待遇の話をしてきた場合は聞いて欲しいという証なので聞いてしまってOKです。

出身地や学歴

こちらもあまり仲良くない時点では出してはいけない話題です。

「〇〇君って大学出ているの?」

「方言混ざってるけど関西の人?」

のように相手の出身地や学歴も触れてはいけません。

 

理由は簡単であまり触れられたくない人もいるから。

学歴コンプレックスだったり、親と喧嘩して上京してきた人など、事情が様々なためこのようなことも相手から触れてくるまでは言うべきではありません。

 

「俺、実は東大なんだけど頭良くないんだよね~」

みたいに相手から大学名などを言ってくる場合は、自慢をしたいのでしょうからいくらでも聞いてあげてOKです。

宗教・政治関係

こちらは言わなくても分かると思いますが、触れてはいけません。

人には様々な考えや価値観があり、議論をしても仕方ないからです。

万が一、相手から聞いてきたり言ってきたりしてももあまり自分の主張はするべきではありません。

好きな人と話すときにやるべきポイント4つ

まずは聞き役に徹するべし

好きな人がいざ目の前にあらわれたとき

話さなくちゃ!話さなくちゃ!

と、たくさん話そうとしてしまう人が多い。

ですが、まずは好きな人の話の聞き役にまわってください

 

何故かというと人は自分以外の人間に興味がないからです。笑

『自分の話を一生懸命すれば相手が興味を持ってくれる、楽しんでくれる』

と思いがちですが、自分の話をしたところで

「なんでそんな話聞かなくちゃいけないんだよ」

って心の中で思われてオワリです。

人は自分以外の人間に興味がないということを理解しなければいけません。

 

どんなに相手が顔でニコニコ笑っていようが話が弾んでいようが、あなたが自分のしたい話をしている限り、相手はそれほど楽しんでいないということを知っておきましょう。

 

人は自分の話をしたい生き物です。

好きな人には話をさせてあげて、あなたは熱心に聞いていればいいのです。

これがそもそものコミュニケーションの根底です。

特に好きな人や、重要な取引先の人の場合は、とにかく聞き役にまわることに徹してみましょう。

敬語を使う

学生などは別ですが、好きな人を話すときは敬語を必ず使いましょう。

というのも好きな人とそこまで仲良くなっていないうちは距離を取り合うことが重要だから。

 

仲が良くないのにいきなりタメ口を使うのって、相手との距離感が見えなくなってしまって人間関係を築きにくいのです。

たまにバカなショップ店員だタメ口で話してきたりしませんか?

「イラッ」としますよね。

あれは店員とあなたが友達でもなんでもないのに馴れ馴れしくしてきて距離がとれていないからイラつくんですよ。

 

店員以外でも初対面の年上のおじさんとはおじいさんでもタメ口で話しかけられたら「何様なんだよ?」ってなりますよね。

 

このようにタメ口というのはいきなり相手に踏み込んでしまうようなものなので、敬語を使うのは大原則!!

合コンで知り合った、アプリで知り合った、相手は年下男子!な時でも敬語は必ず使うようにしましょう。

 

これは敬語を使うと距離感がうまれるからです。

いつもの自分らしくいること

次に、好きな人を目の前にするといつもの自分じゃなくなってしまう人がいるということ。

家族や友人の前にいると平気で出来てしまうのに、好きな人を目の前にすると緊張のあまり、途端に自分らしくいることが難しくなるんですよね。

 

「自分らしく、自分らしく・・・」なんて考えながらでは逆効果になってしまいますので、ここは発想をかえてみます。

 

自分らしくいられなくなるとついやってしまいがちなのが「はしゃいで目立とうとするということ」

おしゃべりをたくさんする=人に好かれる

と思い込んでしまいがちになりますが、そうではありません。

 

このように思い込んでしまう原因はテレビなどにあります。

テレビに出ているお笑い芸人はトークをしておもしろいことを言って目立つことをして視聴者などを笑わせていますよね?

 

このことを間違えて認識してしまい、自分も何かおもしろいことを言ったら相手に好かれると間違って解釈をしてしまうのです。

 

テレビに出ている人たちはあくまでも”見る人”です。

あなたは好きな人が見る芸能人ではなく、”一緒にいる人”ということを忘れてはいけません。

 

明るく接するのは大切ですが、勘違いをしてお笑い芸人のようになり切ってしまうのはやめましょう。

無理をすれば2回目、3回目に会ったときにもそのテンションを維持するのが難しいから。

 

結局長期的に見て、無理に明るく接するのは無意味なことなんですよね。

好きな人と話すときはついテンションが上がってしまいそうになりますが、いつもの自分を出すことをしなければその関係性は長くは続きません。

 

「何か話さなくちゃ!何かおもしろいこと言わなくちゃ!」と芸人化してしまうぐらいなら何にも話さないほうがまだ仲良くなれます。

相手から言われたこととかに一言、二言答えるだけでもその場は充分だったりします。

別れぎわ、次につなげておく

あなたは好きな人と話して別れ際はどうしていますか?

「じゃあね~」と適当に別れてしまうのは非常にもったいないです。

 

別れ際というのは次につなげることができるんですよ!

例えば、好きな人が好きなバンドの話をたくさんしてくれたとします。

そしたら別れ際

「またその話今度も聞かせてくださいね!」

という風に別れれば、好きな人もまたこの話を聞いてもらえるんだ!と思いますよね。

 

またあなたに会いたいです、話を聞きたいです、という雰囲気を出していれば相手も嬉しいですし、次に会ったときは更に仲良くなることができます。

別れ際は次につながる一言を添えてみましょう。

好きな人にどんなふうにどんな話をふっていけばいい?

好きな人と話すときのNGポイント・押さえておくポイントは覚えましたか?

上記のことをやっておけばとりあえず失敗するということはありません。

では実際に上記のことを押さえた上で、どんなふうに話をふればいいのかを解説していきます。

今、目の前で起こっている見えていることを話題にする

好きな人と話すとき話すことが思い浮かばない場合は、”見えていること”を話題にしてみます。

何故なら、共感を生むことができるからなんです。

 

例えば、女性の方は身に覚えが多いかと思います。

「〇〇さんがね~。」

など特定の人間の話や、

「私の大学で~。」「私の会社で~。」

「私の友達の〇〇ちゃんっていう子がね~」

など”わたし(自分)に関連する特定のモノゴトについて話せばとりあえず会話になる!”

と思ってしまいがちなんですよね。

 

自分に関する話題をゼロにする必要はないですが、これらの話題は好きな人と距離を縮めるのには特に関係がありません

仲の良い女の子の友達と女子会で話すのはおおいに結構なんですが、好きな男性に向かって

「わたしが!わたしが!」

というアピールをしても好かれることって実はないんです。

 

自分のことを、最初から好いてくれている男性なら喜んで話を合わせて聞いてくれるかもしれませんが、まだ脈無しの段階では、喜ばれることはありません。

「この子さっきから自分の話ばっかりだな。」って思われてしまいます。

それは先ほども解説したように”人は他人に興味がないから”です。

 

きっと誰でも、まだあまり興味のない異性に自分の話ばっかりされてもつまらないと感じてしまいますよね。

 

ではどうすればいいのか?というと。

話をしているときに共感や一体感が生まれる話題を振るということ。

 

自分のプライベート話をと根掘り葉掘りと話さなくても、

 

飛んできたスズメを見て「あら、可愛いスズメだわ」

周りをみわたして「今日は人が多いですよね」

空を見て「今日は天気いいですよね、昨日雨がひどかったですよね」

料理を食べながら「わぁーこれめっちゃ美味しい!」

相手をチェックしてみて「髪形変えたんですか~?」

今日の仕事のスケジュールを考えて「今日のプレゼン緊張しますね!」

 

のたった一言で相手が共感すればそれで会話が成立してしまいます

 

「あ、なんか寒いな」「今日はあったかいな」

なーんてこんな取るに足らぬ、つまり、くだらない中に共感はいくらでもあるんです

 

結婚生活のながーいオシドリ夫婦もきっとなんてことない会話だらけですよ。

「このお茶苦いわね。」「このテレビ番組おもしろいね。」

とか、こんな些細な会話や共感の積み重ねでずっと仲良しなんですね。

 

なので好きな人と話すときはとにかく目の前に起こっていることなどを話題に出してみるのはいかがでしょうか。

大事なのは一方的に話すことではない、共感です。

会話とは1対1でやりとりするから会話

一方だけが喋るのは演説です。

 

演説している人とは仲良くなれませんよね、一方しか話さないからただ聞くだけ。

好きな人と仲良くなるには会話をしていきましょう。

相手の知識や経験を引き出す

会話は1対1のやりとりと言いました。

ですが、もし好きな人を落としたいと考えるならば相手に喋らせることが一番有利です

 

何故かというと人は自分の話を聞いてくれたり、興味を持ってくれる人を好きになる生き物だから。

あなたが好きな人にたくさん喋らせば喋らせるほど、相手はあなたを好きになるということ。

 

では喋らせるといはどういうことでしょうか。

やみくもに質問をしまくるのはNGです。

先ほども言いましたが家族構成や学歴などNGワードはたくさんありますのでやみくもな質問はやめておいたほうが無難。

 

では、どうやって相手に喋らせることができるのでしょうか。

それは、相手の知識や経験と今の会話を関連付けていくという手法です。

 

例えばこんな風に

この間の休みは何してたんですか?

友達とテニスやって飲んでました!

テニスできるんですか?じょうずなんですか?

学生時代からやっていたので自信はありますね

えーすごい!今もずっと続けているんですか

休みの日はたまにやってるくらいですね!

たまにやるだけでも腕は落ちたりしないんですか?

いやーどうでしょうね、昔よりは鈍ってきているかもしれませんね。笑

テニスができるなら子供たちに教えたりできそうですねー!

 

などなど、こんなふうに相手のちょっとした得意なことなどが話題に出た瞬間、インタビュアーとなり会話を引き出してみてください。

 

相手を褒めておだてていけば

 

「私テニスやったことないけれどおもしろそうですよね!」

「よかったら今度教えましょうか?」

みたいな風になるかもしれませんし、相手も褒められたり興味をもって話を聞いてくるあなたに対して良い感情を抱くようになるのです。

 

・・・会話は基本的に、共感または相手の特技や話したいことにコミット。

かなりシンプルですがこの原理を押さえておけば喜ばれますよ!

 

失敗する人は難しく考えてしまいがちに。

あれもこれも話さなくちゃ!と自分の言いたいことを羅列してしまいます。

が、大事なのは相手の言いたいことをいかに引き出すか、そして共感したり驚いたりできるかどうか、たったこれだけなんです。

 

好かれたければ相手に喋らせるのは鉄則ですね。

好きな人と話す練習をする方法

好きな人を前にすると緊張してしまう人に向けてどのように話せばいいかを解説させてもらいました。

これを読んで次から実行するぞ・・・!!

と意気込まれているかもしれませんが、それがなかなか難しいのが現実です。

 

何故かというと練習ができないから。

 

好きな人というのはこの世に替えがなくたった一人の大切な人ですよね。

それって言ってみればテニスの公式試合やピアノのコンクールみたいなものです。

一発勝負みたいなもので失敗が許されないような大本番。

 

ここでしくじって挫折して行く人のなんと多いことか。

 

では

テニスの公式試合

ピアノのコンクール

の本番で勝つためには何が必要かご存知でしょうか?

 

そうです、練習です。

 

この記事を読んでいただいて参考にされるのは結構ですが、それって言うならば

テニス入門!

やさしいピアノレッスン

というタイトルの本を読んでいるだけなんです。

 

本を読んだら本番の試合に勝ってしまったぞ!!

なんて人はこの世にいないでしょう。

 

スポーツ選手もピアニストも練習をたくさん積んだから、勝つことができたのです。

逆に負けてしまう人は練習が足らんのですよ。

 

ここが本番で勝つかどうかの決定的な違いですね。

 

極まれに天才がいます。

人よりも少ない練習期間で驚くような成果を出す方が。

会話で言うならばコミュニケーション能力の高い女性です。

 

このような人は練習なんかせずとも好きな男性と自然と仲良くなって自然と恋人になっていくのです。

ですが、きっと多くの人はそうではありませんよね。才能がある人はごく一部で、その他は凡人。

この記事にたどり着いたということはあなた自身もご自覚があるのではないでしょうか。

 

つまり、練習を積んでいかなければ好きな人とスムーズに会話ができるようにならないということなんです。

危険なのはこの記事を読んでぶっつけ本番でやってしまうということ。

確かに解説したことは会話をするにあたってとても重要ですが、いつものあなたとかなり違った行動なので、かなり不自然な会話になってしまいます。

 

では、どうすれば練習をすればいいのかというと、マッチングサイトなので実際に男性とトークをしてみることが必要です。

 

好きな人と他の男性は別人ですが、結局のところ同じ男性なのでどんな風に会話を進めていけば喜ぶのかなどの手ごたえが分かるようになってきます。

男性は単純なので会話をうまく進めていけば必ずノリノリで返事をしてきたりします。

 

そのときにつかんだものを、好きな人に同じようにLINEで送ってみたり実際に会って言ってみるのです。

こうすることによって男心や実際に喜ばれる会話をあなたが好きな人に提供できるということです。

 

相手を落としたい際は提供をかならずしなくてはいけません。

”好きな人が喜ぶような会話をあなたが提供する”

すると、相手はあなたに対して居心地の良さを感じて好きになっていきます。

 

なので、まず会話の仕方がある程度わかったかたはアプリなどで男性とトークをしてとりあえず慣れて、上記の会話テクニックを実践してみてください!

そしてコツをつかんでから好きな人と話してください。

これで間違いなく相手に喜ばれる価値のある人間になれます。

 

アプリはマッチングすればLINEのよなトーク形式で話せますので、LINEの技術も同時に身に尽きます。

コミュニケーション能力など才能に自信がない方はとにかく実践あるのみです。

実践なしではうまくいきません。

 

恋愛が上手な人はいろんな恋愛経験があって、そしてその先に男性の落とし方などがみにつくのです。

恋愛経験なしでネットや書籍で情報を漁っているだけでは何も変わりません。

 

アプリは女性は基本無料で使えてしまいます。

男友達を探したり、飲み友達を探すのにも使う人が多いので交友関係を広げるのにもかなり使えるんです。

大手の企業がやっているところに人は集まりますので、1つ、2つ押さえておけばOKです。

 

一つ目にオススメなのは

ピーシーマックス※女性無料 

オススメポイントは昔からある大手のマッチングサイトで利用者が多いので安全だからです。

ちなみにママ友募集など同性友達を探すのにも使えますのでかなり便利。

ひとつ登録しておくと幅広い人と知り合えるのでコミュニケーション能力向上にかなり便利ですね。

 

二つ目

ペアーズ 

有名なマッチングサイトですね。

こちらは女性の友達探しはできませんが、コミュニティなどから趣味の合う男性を探すことができます。

趣味から会話を展開させていけますので、こちらもかなり場数を踏めることができるのでオススメ。

<むすび>内容より気持ちにフォーカスを

好きな人を前にすると何を話していいのか分からない人に解説させてもらいました。

 

  • NGワードは聞いちゃダメ
  • 自分だけ話さずに共感をする
  • 相手にたくさん喋らせる

などのポイントを押さえてください。

 

会話は思いやり。

相手が楽しいと思う会話をすることができなければ、好きな人振り向かせるのは難しいです。

だって会話しててつまらない人と付き合いたくないですよね。笑

 

つまりはあなたが相手を楽しませるということを意識しなければなりません。

 

いきなり楽しませるなんて言われても難しい人は、マッチングサイトでとりあえず練習をしてみてください。

練習すればかならずコツをつかめます。

コツをつかんで本番で活用すればこんないい話はありませんよね。

 

タダで使えてしまいますので、損はしません。

というかタダで出来るにも関わらず練習をしないなんて逆に言ってしまえば損です。

 

好きな人と会話で困る方に必要なのはネットで情報を漁ることではなく、実践して経験をつむことではないでしょうか。

百聞は一見に如かずと言いますので、どんどん自分なりに行動して会話上手になってみましょう。

一度コツが分かればおもしろいように男性を喜ばせることができますよ。

 

その時はも快感でしかありません。

今の自分が結構そうなので言い切れます。笑

とにかく練習し、そして実践する。

好きな人とうまくいくように工夫していきましょう。

 

ピーシーマックス※女性無料 

ペアーズ 

 

 

コメント